トップページ > 新型コロナウィルス感染症への当館の取り組みについて

新型コロナウィルス感染症への当館の取り組みについて

≪熊本城ミュージアム わくわく座の主な取り組み≫

1.アルコール消毒液の増設
館内入口に消毒液を増設し、お客さまがよりご利用頂きやすい環境整備に努めております。

2.定期消毒の強化
券売機、タッチパネル、扉、エレベーター内のボタン、化粧室の扉等、お客さまの触れる機会が多い箇所のアルコール消毒を適宜実施しております。

3.接客時のマスク着用
お客さまの健康と安全ならびに公衆衛生を考慮し、接客スタッフはマスクを着用しております。

4.換気の強化
展示室内の換気を通常より強化するとともに、外部に面した扉を開け、外気の取入れによる換気を行います。

5.入場制限
館内の状況によっては、入場制限をすることもございます。あらかじめご了承ください。

【受付】
〇多くのお客様が触れる券売機・ロッカーを中心に、定期的に消毒を行っています。また、並ばれる際は、一定間隔を空けてお並びいただきます。
〇受付カウンターにはビニールカーテンを設置しています。
〇車いす・ベビーカーを貸出前・後には消毒を行っています。
〇入口の自動ドアを常時開放し換気をしています。

【1階展示室でのご案内について】
〇一部の体験できる展示を中止致します。
〇展示室内は排煙窓を開け、常時換気を行います。
〇タッチパネル、映像スタートボタン、展示ケース、手すり、エレベーターの押しボタン等を定期的に消毒し、館内の清潔を保つよう努めます。
〇エレベーターは、密接を避けるため、一組ずつの利用とします。
〇トイレに設置しているハンドドライヤーの使用を停止します。

【2階ものがたり御殿】
〇お客様が密集しないよう、通常の座席数を120席から50席に減らします。
〇演目と演目の合間に、排煙窓を開け、換気を徹底します。
〇すべての演目におきまして、スタッフは客席前ではなくステージ上にてご案内致します。
〇トイレに設置しているハンドドライヤーの使用を停止します。

わくわく座での感染拡大防止のための取り組みの様子